http://www.radio307.com/
RSC040711
http://radio307.com/wiki/index.php?%5B%5BRSC040711%5D%5D

[ リロード ]   [ 新規 | 編集 | 差分 | 添付 ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | バックアップ | ヘルプ ]

第10回放送 放送を聴く

Trans of Life特集

trans.jpg

インタビュー

 
   Radio307 : 以前Radio307で特集したのが2002年7月。
              あれから丁度2年になります。この2年間を振り返ってみると
              trans of life にとってどのような2年間でしたか。
 
 Trans富樫 : まず、特集いただいた直後の2002年8月に
             瀧澤賢太郎氏に出会ったのが大きいと思います。
             彼がリミックスしてくれた「光の向こう」が
             翌年12inchで去年の4月にリリースされて、
             著名なDJに注目されていくのですが、
             全く門外漢だったクラブシーンの人たちと交流できたのは、
             大きな収穫でした。それから丸1年間かけてアルバムを作り、
             合間をぬって海辺でライブをやったりで、
             あまり東京ではライブ活動をしなかった2年間でした。
 
   Radio307 : 現在のバンド全体の雰囲気はどのような感じですか。
 
 Trans富樫 : 一部メンバーチェンジがあって、
             よりインタープレイに長けたメンバーが揃ったという感じです。
             演奏ごとに個々がアレンジを変えていくので、付いていくのが大変ですね。
 
   Radio307 : 今年4月には2ndアルバム「Layered Tones」がリリースされました。
              全9曲入りという前作を上回る規模ですが、このアルバムのコンセプト、
              聴きどころ、制作秘話などがあれば教えてください。
 
 Trans富樫 : 音楽的には1stを引き継いだサウンドですね。
             コンセプトは前回より音質を向上させよう、
             バンド編成だけにこだわらないサウンドにしよう、
             このくらいです。
 
   Radio307 : さて来る7月14日には瀧澤賢太郎氏初のフルアルバムが発売されます。
              その中で福富幸宏氏による「光の向こう」の
              リミックスが収録されるということですが、
              感想や聴きどころなどを教えてください。
 
 Trans富樫 : ラフミックスの時点で聴かせてもらったのですが、
             色んな意味でショッキングでした。
             あの福富さんですから、文句なく素晴らしい。
             自分の曲が物凄いクオリティになった喜びと、
             これまでの自分のリズムに対する認識の甘さを
             見せ付けられた落胆とが入り混じった、
             しかし自分の中からエネルギーが沸いてくるような
             複雑な感情を味わいました。
             コードもリズムも全くオリジナルと違うし、
             同じなのはギターとオルガンとスキャットの部分だけです。
             リズムがスウィングになったのは驚きでした。
             とにかくリズムのキレが物凄いですね。
 
   Radio307 : 1994年の結成から今年9月で結成10周年を迎えるtrans of life 。
              10周年を目の前にしての気持ちを一言お願いします。
 
 Trans富樫 : 特に嬉しいとか、そういった感じではないですね。
             ありゃ、もう10年も経っちゃったのね。
             これからどうしていこう。。。そんな感じです。
 
   Radio307 : 8月にはその前哨戦のアコースティックライブ、
              そして9月27日には10周年記念ライブがありますが
              意気込みのほどを聞かせてください。
 
 Trans富樫 : これまでの10年を振り返るというのではなく、
             現在の僕らのサウンドを精いっぱいやろうと思っています。
             いままでにはあまりなかったアプローチも考えてますしね。
 
   Radio307 : 10周年、ということである意味ひとつの区切りになると思いますが、
              今後のtrans of life の長期的な展望を今どのようにお考えですか。
              今後の活動情報があればぜひ教えてください。
 
 Trans富樫 : これまではギターサウンド中心の、いわゆるフュージョンとか
             スムースジャズといわれる音楽をやってきたわけですが、
             僕らとしてはそこから抜け出したいと思っています。
             僕自身はギタリストですけど、ずっとメインでいたいとは思っていなくて、
             曲にマッチさえしていれば、
             1曲ずっとバッキングだけでも良いと思ってます。 
             今後は曲の良さだけは大切にして、
             メインはオルガンだったりボーカルだったりと
             バラエティに富んだサウンドになっていくでしょう。
 
   Radio307 : 最後にリスナーに向けてメッセージをお願いします。
 
 Trans富樫 : いよいよ夏本番ですね。
             ドライブのお供に、夏バテの方に、仕事疲れの際に、
             ぜひTrans of Lifeの曲をよろしくおねがいします。
 

関連サイト


リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 11 Jul 2004 04:04:40 UTC (4735d)

Modified by radio307

"PukiWiki" 1.3.7 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.27

HTML convert time to 0.017 sec.